目元スッキリで心も軽く

目元

メスを入れずに改善させる

目の下のたるみを改善させるには、原因となる脂肪と皮膚を除去する手術が効果的です。しかし、デリケートな部位のため、メスを入れるのに抵抗を感じてしまうこともあります。そういった場合でも安心して受けられるのが、ヒアルロン酸や自分の脂肪を患部に注入する方法です。持続性は除去手術の方がありますが、切開をしないため痛みも少なく、術後のケアも簡単に行えます。ヒアルロン酸を注入する方法では、たるみができた目の下にヒアルロン酸を入れることで、ふくらみを持たせることができます。ヒアルロン酸は体内にも存在する保湿力の強い成分のため、肌に優しい施術方法です。自分の体から脂肪を採って注入する方法は、自らの細胞組織を利用するため、持続力、安全性に優れています。注入法のメリットは、ダウンタイムも少なく即日メイク可能なところであり、手軽に受けることができます。

内出血が出た時は

注入法での施術は、通常の状態に戻るまでのダウンタイムが少なく、3日ほど気を付ければ良い程度です。ただ、人によっては施術した目の下の患部に腫れや内出血が出てしまう場合もあります。これは手術に問題があるわけではなく個人差の問題で、比較的皮膚が薄い場合などに現れやすい傾向があります。内出血は2週間ほどで消えてしまい、後になって後遺症が残ることも無いので過度に心配する必要はありません。目の下のたるみ施術はたくさんのクリニックで行われており、手軽に受けることができます。しかし、クリニックによって得意としているたるみ施術の種類は異なっています。希望する施術を行っているクリニックを選び、カウンセリングでしっかり説明を受け納得して臨むことが大切です。

若返り効果があります

施術

美容整形外科で行われている治療法としてヒアルロン酸注射があり、老化の予防や顎、鼻の輪郭修正ができます。ヒアルロン酸注射の施術は永久的な効果があるわけではなく、半年ほどで成分が身体に吸収されます。口角やこめかみ、目の上のくぼみ、頬骨の下などに注射することで、顔のボリュームを増やすことが可能です。

More Detail

表情じわを作らないために

笑顔の女性

表情の変化によって、いつの間にかしわが出来てしまうことがあります。例えば、眉間にしわを寄せることが多い方は、どうしても眉間にくっきりとしわが残ってしまいます。もし表情じわが残ってしまった場合には、ヒアルロン酸注射で改善すると良いでしょう。

More Detail

肌年齢も蘇ります

ウーマン

若返りを行う方法としては、美容整形による施術を活用する事で、短期的に結果を望む方法もあります。美容整形で若返りを図る場合、一箇所に意識を集中させるだけでなく、全体的なバランスを考えて行う必要もあります。

More Detail